ワールドカップ

ワールドカップが始まった。金曜日はどこのお店もテレビを出してみんな外で観戦していた。街を走る車、マンションの窓を見ると、さまざまな国旗を掲げていることから、この国が移民国家だということを改めて実感させられる。
そして私は、、、サッカーのことがよく分からないままに、同僚といつものごとく賭けに参加している。ドイツ人のサッカー好きは日本の野球好きより勝っているのではなかろうか。決勝の基本的に私はスポーツを観戦するより自分で何でもやりたい派なので、野球もサッカーもたいして興味はありませんが。。。一度地元のサッカーの試合をアリーナに見に行ったのだけど、やっぱりサッカーであそこまで熱中できる(というかばか騒ぎしたり、乱暴になったりできる)のがどうしても理解できないのは私だけ?
相手と直接戦うスポーツではなく、フィギュアスケート、ダンス、そして合気道のほうが私には見るにもするにも向いてるかなぁ。
[PR]

by sora77cafe | 2010-06-13 21:21  

<< セルビア人 色とりどり >>