カテゴリ:ノルマンディー( 4 )

 

ジヴェルニー

モンサンミッシェルを後にし、お次はいざジヴェルニーへ。
ここは晩年モネが住んでいたお家と庭園があります。
かの有名な睡蓮をはじめ、多くの絵が描かれた場所でもあります。

e0038819_5144463.jpg


邸宅にはモネが生活していた頃の家具が展示されてあり、当時の写真もいくつか
ありました。私の第一印象は、とても素朴な生活をしていたのだなぁということ。
華美なものはほとんどありませんでしたが、多くの浮世絵が飾られていました。
モネは浮世絵に多大な影響を受けたそうです。それにしても本当にすばらしい
コレクションでした。
e0038819_22425350.jpg



まだ寒い時期だったので、お庭のお花はそんなに咲いていませんでしたが、
それでもよく手入れされていて、池の周りは特に美しかったです。
こんなところで自分の好きな仕事に没頭できたら幸せだなぁ~と思いました。

e0038819_22414897.jpg


e0038819_22453921.jpg



そして最後の夜のディナー。私は疲れのためかちょっと体調を崩し気味だったので
あまり食べられませんでしたが・・・。

e0038819_22523136.jpg


e0038819_22532986.jpg


ということで今回の旅行はおしまいです☆
帰りはフランスのスーパーで見つけたプリングルスのグルメ味をぱくつきながら
(これ、初めて発見したのですが、めちゃめちゃイケましたよ~)
のーんびりドイツへと向かいました。

e0038819_22575369.jpg


e0038819_22582936.jpg

[PR]

by sora77cafe | 2006-05-25 22:59 | ノルマンディー  

モンサンミッシェル見学

まず朝イチでホテルをチェックアウト。壁一面に飾ってあるサインを眺めながら、
荷物をフロントまでえっちらおっちら運びました。
e0038819_4425886.jpg


これは私たちが泊まったホテルの看板。このホテルの創始者アンナプーラーがオムレツ
を焼いている姿が描かれています。
e0038819_444960.jpg


そしていざモンサンミッシェル修道院見学へと出発!

まずこの大階段を登ってゆき、チケットを購入します。
ここでオーディオガイドも借りることができます。残念ながら日本語ガイドは
ありませんでしたが・・・。
e0038819_445426.jpg


そこから、西のテラスと呼ばれるところに進んでゆきます。このテラスからは沖の島々を眺めることができ、くるりと教会のほうを向くと、ネオゴシック様式の尖塔と鐘楼、金メッキを施されたミカエルの像が見えます。とっても小さいけれど、金色に光っているのが見えますか?
(いや、小さすぎて見えないですね・・・。ごめんなさい)

e0038819_591470.jpg


そして修道院付属の教会へと進みます。この教会はこの島の一晩高い部分、標高80mの岩山の上に建っていることになります。
e0038819_5101125.jpg


別の棟へ行くための分岐点の役割を果たしていた列柱廊。ここはかつて祈りと
瞑想の場でした。
e0038819_51121.jpg
e0038819_5114033.jpg



修道院たちが食事をした食堂
ここでは一人の僧が司教座で読唱するあいだ、他の修道僧たちは沈黙のうちに食事をとったそうです。
e0038819_5124949.jpg


そして王や貴族たちを迎えるための迎賓の間
e0038819_5135530.jpg


この他にもいくつかのお部屋があり、本当に迷路のような建物でした。
けれど、当時の修道僧の生活規範に影響を受けたといわれる建築スタイルは
とても興味深いもので、彼らの当時の生活の一部を垣間見ることができた
気がしました。
[PR]

by sora77cafe | 2006-05-22 06:25 | ノルマンディー  

モンサンミッシェル

ドゥーヴィルのお向かいの街、トゥルービルでランチをしてからいざモンサンミッシェルへ出発!トゥルービルでは魚貝市場があり、つやつや新鮮なお魚や貝が売られていました。あぁ~、買って帰りたい~~!!これが旅行最終日なら、クーラーボックスも持ってきているから持って帰れるのに・・・(涙)
後ろ髪をぐいぐい引かれながら、泣く泣くモンサンミッシェルへと出発しました(笑)

e0038819_1574137.jpg


ランチは舌平目のグリルと、魚貝スープ。スープはパンとチーズがついてきて、
すごいボリュームでした。濃厚な魚貝のスープにチーズを添えてさくさくのパンとともに
食べると、めちゃめちゃおいしかったです☆

e0038819_4102378.jpg


モンサンミッシェルに到着したのは、夕方遅くでした。
お天気は残念ながら豪雨・・・(泣)
海岸と、道路わきに駐車場があったので、とりあえず海岸沿いの広いほうの
駐車場に車をとめ、ホテルにチェックイン。
ホテルのお姉さんが道路わきのほうに車を移動させたほうが良いよ、と
言うので車を移動させてから、お部屋でひと休憩。
このホテルは、モンサンミッシェルでかの有名なオムレツを出してくれる
レストランが併設しているホテル。すごく伝統があるホテルで、日本の
皇室の方々も宿泊されたそうです。

e0038819_591381.jpg


オムレツを作っている調理場が公開されてます~。

e0038819_546788.jpg


その後、島を散策してみることに。
島を囲む城壁まで登ってみてびっくり!!あたり一面海に囲まれていました。
到着したときは陸だった駐車場も、いつの間にか水面下に・・・。車をさっさと
移動させておいて本当に良かったぁ。

e0038819_642863.jpg


城壁から薄暗い海を見ていると、何だか孤島に取り残されてしまったような
どこか違う世界に来てしまったような不思議な感覚でした。
うまく表現できないけれど、神秘的な場所は初めてでした。

そして夜のモンサンミッシェル。

e0038819_14394943.jpg


明日はあの頂上に見える修道院をゆっくり見て回ろう。
[PR]

by sora77cafe | 2006-05-06 14:40 | ノルマンディー  

オンフルール~ドゥーヴィル

エトルタを見たあと、オンフルールとドゥーヴィルに向かいました。
どちらも海沿いの小さな街で、夏はリゾート地になるようです。


これはオンフルールの街。ヨットハーバーの前はカフェ通りになって
いて、みんなお外で午後のひとときを楽しんでいました。

e0038819_20584387.jpg


フランスの町にはパティスリーとブーランジェリーが本当にたくさんあって
羨ましい限り♪ こんなにおいしそうなパンやケーキがドイツにもあったら
毎日食べて太っちゃうかも・・・(笑)

そして雑貨屋さん、アンティーク屋さんもあちこちに点在しています。
オンフルールのお家は何だかとても小作りで、かわいいペイントがしてあって、
小人が住んでいそうな雰囲気でした☆


e0038819_21143337.jpg


e0038819_21204620.jpg


ドゥーヴィルは海辺の本当に小さな街。美しい砂浜があって、海から程近いところ
には豪華なカジノがあり、カジノの周りにはブランドショップがずらずら~~っと
並んでいます。少し街中に入ると、週末だけ開かれるマルシェがあり、そのマルシェ
のまわりにはカフェ、パン屋さん、パティスリー、デリカテッセンなどなど、美味しそうな
お店が盛りだくさん♪

e0038819_504792.jpg


ここはマルシェとその周辺のお店。目を奪われるものばかりで、
先に進めない~~!(笑)

e0038819_525326.jpg



マルシェのチーズ屋さんと、コンフィチュール屋さん。ノルマンディーは
リンゴのカルヴァドスやリンゴジャム、そしてカマンベールチーズが有名だそうです。

e0038819_542747.jpg

[PR]

by sora77cafe | 2006-04-23 21:21 | ノルマンディー