カテゴリ:パーティー( 3 )

 

Isabel

Isabelとのお別れ会の夜。
この一年、私にとってすごくいろんなことが始まる最初の時期に出会った大切な大切な友達。
ドイツ語の先生になるという目標を持って一年間の勉強のためにドイツへ来た彼女。
DSHのコースの初日に出会った日のこと、今でもよく覚えてる。
最初の直感ですぐに分かったよ。私たちは良い友達になれるって。
私の直感通り、Isabelの言葉はいつも私の心にまっすぐ飛び込んで来たよ。

たくさん一緒に笑って、泣いて、いろんな経験をして。。
私はとてもたくさん彼女から学びました。一人の人間として、女性として。
ドイツを離れても、スペインは近いし、Emailもメッセンジャーもあるというのに、
彼女が帰ったあとは、何だか心にぽっかり穴があいたみたい。
彼氏と彼女との関係はいつか終わってしまうけれど、本当のFreundschaftは永遠に続くというのが私の持論。距離は離れていても、そんなことは関係ないはずなのに。

ここでは、いろんな目標をもった友達がいて、それぞれの目標に向かって進んで行く。
私もその一人。目標はそれぞれ違うけれど、そんな心強い友達ができて、
一緒に頑張れることができて、私はとても幸せです。
[PR]

by sora77cafe | 2007-08-02 07:26 | パーティー  

お誕生日パーティー

昨日は私の大切な友達のお誕生日パーティーでした。
2年前の彼の30歳のパーティーには残念ながら参加することができなかったので、今回一緒にお祝いできることが本当に嬉しかったです。

合気道の友達、大学の友達と共通の知り合いも多かったので、何だか大家族のパーティーのようで心からリラックスして、そしてあまりにもリラックスしすぎて飲み過ぎてしまいました。。。しかもポーランドウォッカを。。。

こちらのパーティーはお料理を何か持って行くパターンが多く、今回は五目ちらし寿司と名古屋風手羽先を持っていきました。パーティーのときはたいていお家の全てのお部屋を開放し、キッチンやバルコニーで飲んでいる人もいれば、寝室でリラックスして話し込んでいる人達、リビングでダンスをしている人達、という感じになります。照明はほとんどなく、最小限の間接照明とキャンドルのライトで過ごします。

少し前までお酒を飲むとドイツ語に集中できなくなっていたのですが、今はお酒を飲むと大胆にペラペラ話している(つもり?)になっている自分を発見しました。次の朝、お酒が抜けたときのほうが言葉に詰まったりして。。。(笑)

ドイツに来た当初はドイツ語も全然できなくて、知り合いも一人もいなくて、本当にゼロからのスタートだったけれど、気がつくと周りにこんなにたくさんの人がいて、そのたくさんの人の一人に自分もなっていて、一緒にいろんな行事に参加していくたびにだんだん共通の経験、話題が増えていって、、、この数年の変化が私にとっては本当に貴重な経験であり、楽しかったことも辛かったことも愛おしい思いでです。
ドイツに来てからの私の生活は、始めていろんなことを自分で選択し、実行していったという気がします。ドイツに来たこと自体は偶然のなりゆきだったけれど、ここに来て本当に良かった。日常がこんなに愛おしいと思えることにとても感謝の気持ちでいっぱいです。

ところで。。。ウォッカを飲み過ぎてダウンした私は当然のことながら次の朝までダウン。。しかし次の朝は二日酔いもなく、みんなで朝ご飯を(もとい、お昼ご飯)食べて我が家への帰途へとついたのでした。
[PR]

by sora77cafe | 2007-06-24 20:53 | パーティー  

記念日のパーティー

日曜日に、我が家にて私のお誕生日パーティーを開きました。
私にとって大きな節目の年のお誕生日をこうしてドイツで
たくさんの友達と一緒にお祝いすることができて、本当に
幸せなお誕生日でした。

日曜午後6時からパーティーを始めるため、金曜日は大掃除。
前日は終日買出しにまわり、夜はデザートを作り冷蔵庫へ。
彼はお掃除の続きとお部屋のセッティング。
そして日曜日は朝一番からお料理に取り掛かりました。

今回のメニューは、
カリフォルニアロール、
エビと蛸のパエリヤ
唐揚げ
白身魚の甘酢餡
スペアリブオーブン焼き
サラダ各種
ティラミス
ココアロール
カスタードプディング

本当に悩んだのは、20人弱くらいのお客様がどれだけ食べて
どれくらい、どんなアルコールを飲むか、予想ができなかったこと。
10人くらいまでだとだいたい予想がつくのだけど、それ以上に
なると本当に分からなくて、最後まで「これで足りるかなぁ」と
心配していました。(心配は全くの杞憂に終わり、お料理も
アルコールも充分でした。良かったぁ(^^ゞ)

今回のパーティーではみんなにお祝いしてもらえて嬉しかった
のはもちろんなのですが、それ以上にホストとして大勢の
お客様をもてなすという難しさを改めて実感しました。
後で気が付く点もいっぱいあり、いろいろ勉強になりました。
みんなが楽しんで満足して帰ってもらえたら、それがホストと
しては何より嬉しいことですよね。

日曜日だったため皆さん明日のお仕事のこともあり、
12時前にお開きとなったのは少し残念でしたが、終わったあと
は心地良い達成感に満たされていました。そして今回
お手伝いを頑張ってくれた彼には大感謝!!
みんなが帰ってしまったあと、大量のグラスや食器、お料理
を眺めながら、二人で余韻に浸っていました。
パーティーが終わったあとのお部屋は、静か過ぎて
何だか少し寂しいです。

今回はずっとバタバタしていて、写真を撮る余裕が全く
ありませんでした(>_<) 残念・・・。
けど、今日の素晴らしい日のことは私の心にしっかりと
刻まれました。この日のこの気持ち、忘れないように
したいと思います。
[PR]

by sora77cafe | 2006-07-25 20:16 | パーティー