<   2006年 05月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

合気道パーティー

今日は合気道のパーティがありました。
残念ながらマイスターは今日本にいらっしゃるので
参加されませんでしたが、今回も多くの参加者で
盛り上がっていました。

ドイツに来たばかりの頃はドイツ語で話すのがこわくて、
こういったパーティや集まりに出かける勇気もありませんでした。
いつしかドイツ語も何となく分かるようになってゆき、度胸もついて
きて、そして今ではおしゃべりを楽しめるようになりました。

いつも親しくしているTomekの奥さんのAsiaとおしゃべり
している中で、彼らが出会ったきっかけや結婚することになった
成り行きなどを聞き、本当に素晴らしいと思ったので
ここに書きとめておこうと思います。

Asiaは、ポーランド出身の美しい黒髪とキラキラ光る瞳がとても
魅力的な女性。心が温かく、いつも朗らかで知的、そして心がとても
自由な女性です。彼女と一緒にいるととても素直に何でも話せ、
こちらまで優しい気持ちになります。彼女は語学の天才で、
すごく良い耳の持ち主でもあります。
その彼女曰く、Tomekと出会う前は今とは全然違って、
すごく恥ずかしがりやで内気だったそうです。本当に、今の彼女
からは想像もつかないのですが。

Tomekと出会い、彼がAsiaの内気な殻を壊してしまったそうです☆
彼の影響で、自分が自分らしく自由にいることの素晴らしさを知り、
さらにドイツに来て彼女のドイツ語力のおかげでTomekを手助け
することができ、自分に自信が持てるようになったそうです。
今の彼女があるのはTomekのおかげだから、彼は私にとっては
人生のマイスターだわ、と語るAsiaは本当に素敵で輝いて見えました。

他のどんな夫婦とも違うTomekとAsia。彼らに出会えただけでも
ドイツに来て良かったと心から思えるのです。

「プラハの春」に続いて、今「ベルリンの秋」を読んでいます。ちょうどその頃の
ポーランドの様子をAsiaから少し聞きました。ポーランドもその当時物が
なく、国境も封鎖されていて、すごく閉じられた世界だったとのこと。Asiaは
15歳で初めてバナナを食べたそうです。もちろんバナナというものが
存在するというのはそれまでも知っていましたが。(その当時バナナは高級品でした)
そしてベルリンの壁崩壊後全てが変わり、新しいものがどんどん流れ込み、
急速に生活が変わっていったそうです。
その当時、テレビでベルリンの壁崩壊が放映されているのを何気なく見て、その後
学校では歴史の教科書で知識として頭に入れただけの私にとっては
とても衝撃の事実でした。同じ時代に生きて今こうして一緒にワインを飲んでいても、
ここにたどり着くまでの過程の違いを身に染みて感じ、また改めて平和ボケな
日本人の私を感じてしまいました。

けれどやっぱりドイツに来て良かった。私はここに来て私の人生において本当に
大切なものは何かを見つけられたかもしれないです。
[PR]

by sora77cafe | 2006-05-27 09:18 | ひとりごと  

日本のお味 くるみパン

午前中に時間があったので、ふと思い立ってくるみパンを
作ってみました。捏ねるのはもちろんホームベーカリーに
お任せです(^^)v

日本で働いていた頃はよく仕事帰りにパン屋さんに寄って
朝食用のパンを買ったりしていたな~。特にくるみパンは
シンプルな味わいと食感が大好きでした。

e0038819_0174151.jpg


出来上がったくるみパンたち。
形はちょっといびつなものもあったけれど、お味はバツグン♪
こんなに簡単に自分で作れるなんて~☆
ちょっと独身時代を思い出す味でした。
(独身時代=日本に居た頃。結婚生活=ドイツでの生活なのです)

e0038819_0181010.jpg


そしてお次は少し前に作ったアルザス風クグロフ型パン。
中にはマジパンとくるみを練り混ぜたものが入っていて、
独特の味わいです。これはちょっと日本にはない味です。
日本人はマジパンの味が苦手な人が多いのですが、私は
大好きなので、当然このパンも私のお気に入りです♪
[PR]

by sora77cafe | 2006-05-26 00:17 | おうちお料理  

ジヴェルニー

モンサンミッシェルを後にし、お次はいざジヴェルニーへ。
ここは晩年モネが住んでいたお家と庭園があります。
かの有名な睡蓮をはじめ、多くの絵が描かれた場所でもあります。

e0038819_5144463.jpg


邸宅にはモネが生活していた頃の家具が展示されてあり、当時の写真もいくつか
ありました。私の第一印象は、とても素朴な生活をしていたのだなぁということ。
華美なものはほとんどありませんでしたが、多くの浮世絵が飾られていました。
モネは浮世絵に多大な影響を受けたそうです。それにしても本当にすばらしい
コレクションでした。
e0038819_22425350.jpg



まだ寒い時期だったので、お庭のお花はそんなに咲いていませんでしたが、
それでもよく手入れされていて、池の周りは特に美しかったです。
こんなところで自分の好きな仕事に没頭できたら幸せだなぁ~と思いました。

e0038819_22414897.jpg


e0038819_22453921.jpg



そして最後の夜のディナー。私は疲れのためかちょっと体調を崩し気味だったので
あまり食べられませんでしたが・・・。

e0038819_22523136.jpg


e0038819_22532986.jpg


ということで今回の旅行はおしまいです☆
帰りはフランスのスーパーで見つけたプリングルスのグルメ味をぱくつきながら
(これ、初めて発見したのですが、めちゃめちゃイケましたよ~)
のーんびりドイツへと向かいました。

e0038819_22575369.jpg


e0038819_22582936.jpg

[PR]

by sora77cafe | 2006-05-25 22:59 | ノルマンディー  

モンサンミッシェル見学

まず朝イチでホテルをチェックアウト。壁一面に飾ってあるサインを眺めながら、
荷物をフロントまでえっちらおっちら運びました。
e0038819_4425886.jpg


これは私たちが泊まったホテルの看板。このホテルの創始者アンナプーラーがオムレツ
を焼いている姿が描かれています。
e0038819_444960.jpg


そしていざモンサンミッシェル修道院見学へと出発!

まずこの大階段を登ってゆき、チケットを購入します。
ここでオーディオガイドも借りることができます。残念ながら日本語ガイドは
ありませんでしたが・・・。
e0038819_445426.jpg


そこから、西のテラスと呼ばれるところに進んでゆきます。このテラスからは沖の島々を眺めることができ、くるりと教会のほうを向くと、ネオゴシック様式の尖塔と鐘楼、金メッキを施されたミカエルの像が見えます。とっても小さいけれど、金色に光っているのが見えますか?
(いや、小さすぎて見えないですね・・・。ごめんなさい)

e0038819_591470.jpg


そして修道院付属の教会へと進みます。この教会はこの島の一晩高い部分、標高80mの岩山の上に建っていることになります。
e0038819_5101125.jpg


別の棟へ行くための分岐点の役割を果たしていた列柱廊。ここはかつて祈りと
瞑想の場でした。
e0038819_51121.jpg
e0038819_5114033.jpg



修道院たちが食事をした食堂
ここでは一人の僧が司教座で読唱するあいだ、他の修道僧たちは沈黙のうちに食事をとったそうです。
e0038819_5124949.jpg


そして王や貴族たちを迎えるための迎賓の間
e0038819_5135530.jpg


この他にもいくつかのお部屋があり、本当に迷路のような建物でした。
けれど、当時の修道僧の生活規範に影響を受けたといわれる建築スタイルは
とても興味深いもので、彼らの当時の生活の一部を垣間見ることができた
気がしました。
[PR]

by sora77cafe | 2006-05-22 06:25 | ノルマンディー  

モンサンミッシェル

ドゥーヴィルのお向かいの街、トゥルービルでランチをしてからいざモンサンミッシェルへ出発!トゥルービルでは魚貝市場があり、つやつや新鮮なお魚や貝が売られていました。あぁ~、買って帰りたい~~!!これが旅行最終日なら、クーラーボックスも持ってきているから持って帰れるのに・・・(涙)
後ろ髪をぐいぐい引かれながら、泣く泣くモンサンミッシェルへと出発しました(笑)

e0038819_1574137.jpg


ランチは舌平目のグリルと、魚貝スープ。スープはパンとチーズがついてきて、
すごいボリュームでした。濃厚な魚貝のスープにチーズを添えてさくさくのパンとともに
食べると、めちゃめちゃおいしかったです☆

e0038819_4102378.jpg


モンサンミッシェルに到着したのは、夕方遅くでした。
お天気は残念ながら豪雨・・・(泣)
海岸と、道路わきに駐車場があったので、とりあえず海岸沿いの広いほうの
駐車場に車をとめ、ホテルにチェックイン。
ホテルのお姉さんが道路わきのほうに車を移動させたほうが良いよ、と
言うので車を移動させてから、お部屋でひと休憩。
このホテルは、モンサンミッシェルでかの有名なオムレツを出してくれる
レストランが併設しているホテル。すごく伝統があるホテルで、日本の
皇室の方々も宿泊されたそうです。

e0038819_591381.jpg


オムレツを作っている調理場が公開されてます~。

e0038819_546788.jpg


その後、島を散策してみることに。
島を囲む城壁まで登ってみてびっくり!!あたり一面海に囲まれていました。
到着したときは陸だった駐車場も、いつの間にか水面下に・・・。車をさっさと
移動させておいて本当に良かったぁ。

e0038819_642863.jpg


城壁から薄暗い海を見ていると、何だか孤島に取り残されてしまったような
どこか違う世界に来てしまったような不思議な感覚でした。
うまく表現できないけれど、神秘的な場所は初めてでした。

そして夜のモンサンミッシェル。

e0038819_14394943.jpg


明日はあの頂上に見える修道院をゆっくり見て回ろう。
[PR]

by sora77cafe | 2006-05-06 14:40 | ノルマンディー